HappyRoseです。自然豊かな糸島市で、天然石を使ったアクセサリーを作っています。アクセサリーのこと、イベントのこと、糸島のこと、主人主催のビジネスランチ会のこと、サッカー教室のこと、畑のことなどなど。


by happyroseangel

ママのための防災会議 ~救命救急~

この日のママのための防災会議は
出前講座で消防の方に来ていただき
救命救急についてお話しをお聞きしました。

目の前に倒れている人がいたとき、とっさにどうしたらいいのか。
子どもに何かあったとき、母として何ができるのか。。。
心肺蘇生法を教えていただきました。

c0218303_13552806.jpg

人形を使って、胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの設置。
練習させていただきました。
この胸骨圧迫って、かなり力がいります。
だいたい2分くらいで、別の人に交代して続けるのがよいそうです。

c0218303_13554315.jpg

子どものお人形、赤ちゃんのお人形でも練習しました。
AEDの子ども用パッドか入っている場合は、
未就学児は子ども用パッドで、小学生以上は大人用パッドをとりつけるそうです。
年齢がわからないときは、体格で判断してとりつけます。
c0218303_14190596.jpg

何もないのが一番ですが、最近自転車で倒れて意識がなくなったという話や
急に倒れてしまった方のお話しを身近で聞いたばかり。
とっても勉強になりました。
まずは、押す力、体力をつけておかないといけないことも実感しましたemoticon-0165-muscle.gif

そして、これから夏に向けて、水遊びしているときに何かあった場合のこともお聞きしました。
おぼれている場合に、あまり泳げないのに助けようとすると2次災害になる可能性があります。
長い棒や紐などをなげて助けたり、身近にペットボトルがあれば、中身を捨ててそれを投げ入れる。
2Lのペットボトルがあれば大人でも浮くそうです。
などなど教えていただきました。
心肺蘇生法をしたら、自然に水も吐きだされるので、飲み込んだ水を無理して吐かせる必要はないそうです。

とっても勉強になりました。
消防士のMさん、Sさん、ありがとうございましたemoticon-0152-heart.gif







[PR]
by happyroseangel | 2014-06-24 13:53 | ママのための防災会議